協会概要

福岡県看護協会とは

福岡県看護協会

看護職の方がもっと働きやすく ずっと働き続けられるように

福岡県看護協会は、約39,000 名を超える保健師、助産師、看護師、准看護師の会員で構成されている看護職の職能団体です。看護職として働く皆さまの、働きやすい環境づくりとキャリアアップを支援することで看護の質の向上と看護職の確保・定着を目指しています。また、県民の皆さまへより良い看護を提供することで、県民の保健・医療・福祉の向上に貢献しています。

看護職の方のキャリアアップをバックアップ!

看護の専門性の確立と生涯学習支援を目的として、当協会と日本看護協会が主催する充実した研修プログラムを会員料金で受講することができます。プログラムは、経験やレベルに合わせて企画していますので、キャリアアップを目指した計画的な学びが可能です。また、学会へ会員料金での参加や研究成果の発表も行うことができます。

<教育研修プログラム例>

◆新人教育
◆ジェネラリスト教育
◆スペシャリスト教育(認定看護師教育課程)
◆管理者教育(認定看護管理者教育課程)
この他にもレベルに合わせたさまざまな研修を企画しています。

キャリアアップを目指せる研修が会員料金で受講可能!

例えば…「ジェネラリスト教育」なら、会員料金4,000 円(税込)で受講可能![非会員8,000 円(税込)]

※但し、研修によって受講料が異なる場合がありますので、詳細は教育研修プログラムをご確認ください。

主な事業

主な事業

看護の質向上

専門性の確立と生涯学習支援

・新人教育
・ジェネラリスト教育
・スペシャリスト教育(認定看護師教育課程)
・管理者教育(認定看護管理者教育課程)
・教育者・研究者教育
・学術研究

看護の普及・啓発

・広報誌「よかナースふくおか」の発行(年4回)
・協会ウェブサイトによる最新情報の発信
・看護の日イベント
・高校生の一日看護体験
・中学校・高校への看護の出前授業
・看護の進路相談

看護職の確保・定着

・看護職員無料職業紹介
・看護職員復職研修
・ワーク・ライフ・バランスの推進

地域住民への看護活動

・まちの保健室
・妊娠・子育て・思春期相談
・災害看護支援体制の整備

在宅ケアの推進

・訪問看護師養成
・協会立訪問看護ステーション「くるめ」・「こが」の運営
・看護小規模多機能型居宅介護「すぴか☆くるめ」の運営

看護職の方のこんな悩みをサポート!

医療事故を起こさないか不安

会員は日本看護協会の看護職賠償責任保険制度へ加入でき、万が一の場合でも賠償請求の補償などサポートが充実しているので安心して業務に従事することができます。

最新の医療情報をチェックしたい!

会員向けに最新の医療に関する情報などをお届けする会報誌を定期的に発行しています。また、ナースプラザ福岡には無料で利用できる図書室も完備しています。

自分の目標に合った新しい職場を探したい。

専任の就労相談支援員による従業中の悩み相談や無料の職業紹介を行っており、希望に合った最適な職場探しが可能です。

結婚・出産後に現場復帰したい!

結構や出産などさまざまな理由で離職した方の復職支援として、無料で再チャレンジ講習会や相談会を行っています。

入会案内リーフレット

沿革

1947年(昭和22年) 日本助産婦看護婦保健婦協会福岡県支部設立
1951年(昭和26年)日本看護協会福岡県支部に名称改正
1976年(昭和51年)社団法人福岡県看護協会設立
県委託事業ナースバンク開設
1978年(昭和53年)「福岡県看護等研究研修センター」竣工
1993年(平成5年)日本看護協会法人会員となる
県委託事業福岡県ナースセンター開設
1995年(平成7年)訪問看護ステーション「くるめ」開設
1997年(平成9年)訪問看護ステーション「こが」開設
2007年(平成19年)社団法人福岡県看護協会
「ナースプラザ福岡」新築移転
2008年(平成20年)皮膚・排泄ケア認定看護師教育課程 開講
2010年(平成22年)認定看護管理者制度サードレベル教育課程開講
2012年(平成24年)公益社団法人福岡県看護協会設立

組織図

組織図

平成28年度福岡県看護協会役員

平成28年6月18日現在
会長花岡 夏子看護師
副会長松尾 やす子保健師
副会長高原 文子助産師
専務理事江田 柳子看護師
常任理事黒岩 悦子保健師
職能理事角森 輝美保健師
職能理事石田 麗子助産師
職能理事坂本 眞美看護師
職能理事柴田 美穂看護師
地区理事髙須賀 あけみ保健師
地区理事小野田 美智子助産師
地区理事友倉 三千代看護師
地区理事生田 カツエ保健師
地区理事穴井 こずえ看護師
地区理事淺井 美恵子助産師
地区理事須藤 久美子看護師
地区理事下司 恵美子看護師
地区理事村岡 京子看護師
地区理事羽江 和子助産師
准看護師理事荒牧 智津子准看護師
監事小島 リヨ子看護師
監事七井 裕子看護師
外部監事岡山 新次外部

シンボルマークについて

公益社団法人 福岡県看護協会 シンボルマーク

福岡県看護協会 シンボルマーク

公益社団法人福岡県看護協会は、看護職の資質向上のための教育・研修と、福岡県民への保健・医療・福祉の情報提供、相談に応じるとともに、看護職ひとりひとりに、やすらぎと活力、さらには知的創造と豊かな心を育む役割を持ちます。

シンボルマークは、FUKUOKAの[F]を基本に、センターの位置する歴史・文化と、風と光の自然(ブルー)の中で育まれる看護職の知的創造(グリーン)とやさしく豊かな心(ピンク)を表現しています。

広がる医療現場へと大きく飛躍する姿をやさしく美しくデザインしました。

公益社団法人 福岡県看護協会 イメージキャラクター「スピカ」

イメージキャラクター「スピカ」

公益社団法人福岡県看護協会キャラクターマークは、諸外国との交流はもちろん、福岡県民に、福岡県看護協会の広報・イベントなどの活動を、より親しみやすく広げることを目的とします。

多くの人たちにやすらぎを与え、いつまでも愛され続ける心のともだちとして、小さな妖精をモチーフにしました。

敵でかいちの護」の願いを込めて、
中野友香さん(浜の町病院・看護師)により命名されました。

  • キャリナース
  • ナースシップ 施設用WEB
  • よかナース クイズ&アンケート
  • 福岡県看護学会
  • 図書館のご利用について
  • 看護の日のつどい
  • 災害支援ナース
  • ワークライフバランス推進委員会
  • ナースセンター
  • とどけるん
  • eナースセンター

広報誌「よかナースふくおか」

協会の活動を知っていただくために、広報誌を年4回発行しています。

  • ブログ
  • 訪問看護ステーション「くるめ・こが」
  • 看護小規模多機能型居宅介護すぴか★くるめ
  • 福岡地域医療支援サイト
  • にんしんSOSふくおか
  • 子育て相談
  • 思春期相談