福岡県看護協会ブログ

平成28年度(第26回)認定看護管理者教育過程ファーストレベル閉講式

投稿日:2016年09月16日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

8月26日(金)に無事にファーストレベル閉講式を迎えました。

5月6日から27日間、4か月にわたる研修でした。
開講式では不安そうな面持ちだった受講生も、苦楽を共にした4か月間で硬い絆が生まれ、終始和やかな雰囲気の閉講式でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また記録的な猛暑の中で講義・演習・レポート作成をやり遂げた自信も感じられました。
受講生代表挨拶ではクラス委員長の松下さんが「管理者は灯台のようなもの。その光は我々に光を与え、進むべき方向を示してくれる」と述べられました。

今回、本教育課程を修了された受講生からコメントをいただきました!

28f-6 28f-5

★矢野可久子さん
管理者研修を受講したことがないまま副看護師長となり、戸惑うことが多くファーストレベルを受講しました。
研修では看護管理や人材育成について学ぶことができ、また他施設の方とディスカッションを通して視野を広げることができました。
濃厚な4か月で学んだことを今後の看護管理に活かしていきたいと思います。

★原裕次さん
私は副師長になり、スタッフの育成を図るうえで育成の障害を分析する能力が足りないと感じ、ファーストレベルの研修を希望しました。
分析する能力向上だけでなく、育成の関わり方など、今まで学ぶ機会が少なかった多くの事を学ぶ事ができた研修となりました。

受講生の皆さん、これからそれぞれ置かれた場所で、周りを照らす看護管理者を目指してください!!