訪問看護サービス

訪問看護には、どんなサービスがあるの?

訪問看護ステーションから専門の看護師等が利用者様のご家庭を訪問し、病状や療養生活を看護の専門家の目で見守り、適切な判断に基づいたケアとアドバイスで24時間365日対応し、在宅での療養生活が送れるように支援します。

また、医師や関係機関と連携をとり、さまざまな在宅ケアサービスの使い方を提案します。

訪問看護サービス

訪問看護ステーションでは次のようなサービスを提供しています。

病状の健康状態の管理と看護

血圧・体温・脈拍・酸素飽和度・呼吸の状態などをチェックし、感染症の有無、心身の健康状態、障がいの状態等を観察し、状態に応じた助言と予防的支援をします。肺炎や脱水等の症状を早期発見し、重症化を防ぐための助言を行うとともに、必要に応じて主治医に連絡をとります。

医療処置・治療上の看護・医療機器の管理

かかりつけ医の指示に基づく医療処置(点滴静脈注射、痰の吸引や吸入、経管栄養、創傷処置、チューブ類の交換等)や検査を行います。膀胱留置カテーテル、経管栄養、胃瘻、在宅酸素療法、人工呼吸器、気管カニューレ、人工肛門等の管理、緊急時の対応等も行います。廃液の性状や量の観察、薬剤注入、水分バランスの計測等の管理を計画的に行います。

苦痛の緩和と看護

痛み(疼痛)、呼吸困難、発熱、不眠、便秘と下痢、倦怠感等の緩和を行います。症状を観察し、適切なケアを行います。在宅末期がんの場合、疼痛を緩和するための服薬支援、体位の工夫、マッサージ等身体的・精神的な支援を行います。

認知症の人の看護

事故防止等認知症介護の相談・工夫をアドバイス。家族や訪問介護員、主治医等と協働してケアを行い、その人らしい生き方ができるよう支援します。

住まいの療養環境の調整と支援

福祉用具相談員などの他の専門職と連携して、ベッドまわりの医療機器の配置、薬の保管場所、移動方法に関する助言を行ったり、入浴や排泄に必要な福祉用具、手すりの設置や段差の解消等転倒防止を目的とした住宅改修について助言します。

地域の社会資源の活用

地域包括支援センター、保健所、居宅介護支援事業所、市区町村の担当者等と連携して、保健・医療・福祉の制度の紹介や導入、各種サービス提供機関との連携や調整を行います。また、民生委員やボランティアの活用等、利用者が自立した生活を営めるように地域の見守り体制を整えます。

ご家族等への介護支援・相談

安楽な介護方法を助言したり、訪問介護員など他の職種と連携することで家族の介護負担を軽減し、よりよい家族関係が保たれるよう支援します。

介護予防

低栄養や運動機能低下を防ぐアドバイスを行います。

精神・心理的な看護

不安な精神・心理状態のケアを行います。生活リズムの調整や社会生活への復帰などを支援します。

在宅移行支援(外泊中の訪問看護等)

訪問看護師が病院等に直接出向き、入院先の医師や看護師等と連携しながら、退院後の在宅療養の準備・指導を行います。入院中の患者が退院に向けて一時的に外泊した場合も、訪問看護を行います。また、医療器具を使用している方、がん末期や神経難病の方等、退院当日に自宅でのケアが必要な場合は、訪問看護師が自宅を訪問してケアを行うことができます。

エンドオブライフケア

最期までその人らしい尊厳のある療養生活を送ることができるよう、本人や家族の思いにそって援助します。苦痛や倦怠感等を緩和するための看護や医療処置、精神的な支援を行います。医師や訪問介護員等と連携し、本人と家族を支えます。また、緊急時の対応や看取りにかかわる支援を行うとともに、遺族の精神的な支援も行います。

  • キャリナース
  • ナースシップ 施設用WEB
  • よかナース クイズ&アンケート
  • 福岡県看護学会
  • 図書館のご利用について
  • 看護の日のつどい
  • 災害支援ナース
  • ワークライフバランス推進委員会
  • ナースセンター
  • とどけるん
  • eナースセンター

広報誌「よかナースふくおか」

協会の活動を知っていただくために、広報誌を年4回発行しています。

  • ブログ
  • 訪問看護ステーション「くるめ・こが」
  • 看護小規模多機能型居宅介護すぴか★くるめ
  • 福岡地域医療支援サイト
  • にんしんSOSふくおか
  • 子育て相談
  • 思春期相談