出産時にかかる費用と助成金について

正常分娩の場合は、出産の費用は自費(地域にもよるが50万円前後)になります。
今は出産前に分娩予約をするところが多く、予約金(前納金)として5~20万円支払うことが多いようです。
社会保険もしくは国民健康保険に加入していると、被保険者でも被扶養者でも、出産育児一時金として42万円が支払われます(産科医療保障制度の保険金3万円を含む)。
医療機関によって予約金の有無や金額が異なってくるので、事前に調べておきましょう。
また、出産育児一時金の支払いについては、直接医療機関に払い込まれるところとそうでないところがあります。事前に、受診先の医療機関窓口にお尋ねください。

高額医療費の払い戻し

切迫流産・切迫早産・帝王切開等の異常分娩は保健適応になります。
1ヶ月間の医療費の自己負担分が所定の「自己負担限度額」を超える負担になった時は、
高額医療費の払い戻しを受けることが出来ます。
詳しくは、健康保険(国民健康保険や健康保険組合など)の窓口にお尋ねください。

● 参考文献 All About「妊娠・出産の合併症も高額医療費の対象に」