妊婦健診とは?

妊娠は、病気ではありませんが、お母さんの体にいろいろな変化が起こります。
お母さんとおなかの赤ちゃんの経過が順調であるかを確認する健診です。

妊婦健診は出産までの間に14回受けることが望ましいとされています。
各市町村では、妊婦健診を受けるための「妊婦健診補助券14回分」を出しており、母子健康手帳交付時にお渡ししています。なお、里帰り出産を予定されている場合は、居住地ではないところで受診しても、そのまま使用できる事もありますが、事前にお住まいの市町村の妊婦健診担当窓口へお尋ねください。
健診の時期や、妊娠の経過によって検査の項目に違いがあり、毎回健診補助券にいくらか自己負担分を追加する事が多いようです。

妊婦健診の間隔

  • 妊娠23週まで 4週間に1回
  • 妊娠24週から35週まで 2週間に1回
  • 妊娠36週以降出産まで 毎週1回

具体的な検査項目

  • 妊娠初期に行われる基本的な検査

    血液検査(血液型ABO式、Rh式、貧血、梅毒血清反応,B型肝炎ウイルス検査)など

  • 定期健康診査でおおむね毎回行う検査

    体重測定、血圧測定、尿検査(たんぱく、糖)むくみの有無
    腹囲、子宮底の長さ、胎児の大きさ・位置、胎児心音の確認

  • 妊娠中必要に応じて行う検査

    超音波検査(胎児発育、胎盤の位置、羊水量など)胎盤機能検査、骨盤X線検査、
    血液凝固検査、不規則抗体、トキソプラズマ抗体、C型肝炎ウイルス抗体、
    風疹ウイルス抗体、HIVウイルス抗体、HTLV-1抗体、クラミジア抗体

健診日以外でも、出血や腹痛、お腹の張り、頭痛、胎動が感じられない、つわりがひどくて水分も取れない、前期破水(尿とは違う液体が出た)等の症状がある時は、すぐに主治医などに相談しましょう。