教育研修について

教育研修について

教育理念

教育理念

福岡県看護協会は、人々の普遍的なニーズに対応し、地域の保健医療福祉に貢献できる人材を育成する。また倫理を遵守し、専門性の追求と新たな価値の創造に向けた自律的、主体的な生涯教育を支援する。

教育目的

  1. 看護専門職として、キャリア開発を促進し、変化する医療や社会のニーズに対応できる人材を育成する
  2. 看護専門職として、高い倫理観に基づく専門性の追求と新たな価値の創造を図る
  3. 県民の健康な生活の実現に貢献するために他職種と連携・協働し、看護職の役割を発展させる能力を養う

教育目標

  1. 看護専門職として安全かつ質の高い看護実践能力の向上を図る
  2. 看護教育者の教育実践能力及びマネジメント能力の向上を図る
  3. 看護職に必要なリーダーシップを養い、マネジメント能力の開発・向上を図る
  4. 看護実践に活用できる研究的・科学的思考ができる能力を養う
  5. 他職種協働における看護職の役割を認識し、主体的に行動できる看護職を育てる
  6. 豊かな人間性を持ち、包括的な視点と社会貢献の姿勢を持った人材を育成する

平成28年度教育研修のねらい

  1. 新人看護職員研修のさらなる充実と普及を図る
  2. 地区と連携した多施設集合研修を実施する
  3. 中堅看護職員が臨床実践能力を高める研修を実施する
  4. 充実した看護管理研修を実施する
  5. 看護職の指導管理能力を高める研修を実施する
  6. 健康で働き続けられる職場環境づくりに視点をあてた研修を実施する
  7. 中小規模施設で教育に携わる者を育成する研修を実施する
  8. 2025年の超高齢化問題を見据えて、高齢者や認知症患者の特徴や最新情報を活用した研修を実施する
  9. 退院調整、地域連携に係る看護職の役割期待に応えるための研修の充実を図る
  10. 在宅分野、介護施設で働く看護職の研修を実施する
  11. 准看護師対象の研修を実施する
  12. 潜在看護職対象の研修の充実を図る
  13. 地域医療構想に向けてのトピックス研修を実施する

学習段階

看護者が個々の看護実践能力にあわせて、研修を選択できるように実践能力を4段階(日本看護協会教育計画参照)別に計画した。

I
  1. 1.指導や教育のもとで、基本的な看護を安全に実践できる
  2. 2.指導を受けることにより自己の学習課題を見つけることができる
II
  1. 1.看護実践の場面において単独で看護を提供できる
  2. 2.チームリーダー的役割や責務を認識し遂行できる
  3. 3.自己の学習課題に向けた学習活動を展開できる
III
  1. 1.高度な看護活動を実践でき、かつ他者にモデルを示すことができる
  2. 2.自己の学習活動に積極的に取り組むのみならず、指導的役割を発揮できる
IV
  1. 1.論理的かつ実践的知識を統合して卓越した看護を実践し、所属を超えてリーダーシップを発揮できる
  2. 2.自己の学習活動はもとより組織的な教育・研究活動を主体的に実践できる

福岡県看護協会継続教育

  1. 新人教育
  2. ジェネラリストを育成する教育

    ・実践力育成研修
    ・地域看護研修
    ・養成研修(日本看護協会が提示している養成研修のみ)

  3. スペシャリストを育成する教育(認定看護師教育課程)

    ・皮膚・排泄ケア認定看護師

  4. 管理者を育成する教育(認定看護管理者教育課程)

    ・ファーストレベル
    ・セカンドレベル
    ・サードレベル

  5. 教育者・研究者を育成する教育

    ・新人看護職員研修事業(研修責任者・教育担当者・実地指導者)
    ・看護教員継続研修
    ・看護実習指導者講習会
    ・特定分野看護実習指導者講習会

  6. 学術研究に関するもの

    ・福岡県看護学会