「看護職」ってどんな仕事?

看護職とは

人の心に触れ、寄り添い、力になる

看護職とは、保健師助産師看護師法に基づく、保健師・助産師・看護師・准看護師のことをいい、看護職の仕事は、科学的な知識や技術をもちいて、人々の健康を守り、豊かな生活が送れるよう支援をする大切な仕事です。

看護職の資格には、下で挙げる4つの資格があります。

望めば“生涯の仕事”になります。

国の法律で定められた4つの資格

保健師

保健師
地域生活の安全と健康をサポートする

地域に住む赤ちゃんからお年寄りまで、その地域で生活している人たちの健康保持・増進に向けた支援を行い、予防や衛生等の活動を行う仕事です。

健康な人も病気を持っている人も全ての人を対象にしています。

また、各種事業所(企業)・学校などにおいて職員・学童・生徒の健康管理を行う仕事もします。

助産師

助産師
命の誕生を助け、女性の生涯に寄り添い力になる

妊娠から出産までの援助を行い、出産時には分娩を介助し、新生児などのケアも行う仕事です。

思春期、更年期など女性の健康全般を支えることも重要な仕事です。助産師は、「助産院」を開業できます。

看護師

看護師
患者さんの痛みや苦しみに寄り添い、励まし援助する

治療を受けながら生活する患者さんの援助を行うのが主な仕事です。

医療チームの一員として、専門的な知識、技術に基づいて患者さんのケアや診療の介助をします。

患者さんと接する時間が多く、患者さんの身体と心の両面をサポートし、他職種との連携を図り、患者さんにとってより良い療養環境をつくります。臨床経験後には、認定看護師、専門看護師などのスペシャリストを目指せます。

准看護師

准看護師
看護師をサポートし、患者さんを援助する

病気や怪我で入院してくる人の療養のケア、医師の診療の介助をします。

准看護師も業務内容としては、看護師と同じように患者さんのケアを行いますが、看護師と違い准看護師は、医師・歯科医師又は看護師の指示を受けて業務を行います。

准看護師の仕事をしながら、看護師を目指せます。

広がる看護職の活動の場

看護職は免許に応じて、病院・診療所をはじめ、保健所、市町村保健センターなど幅広い場所で活動しています。

広がる看護職の活動の場

参考サイト

  • キャリナース
  • ナースシップ 施設用WEB
  • よかナース クイズ&アンケート
  • 福岡県看護学会
  • 図書館のご利用について
  • 看護の日のつどい
  • 災害支援ナース
  • ワークライフバランス推進委員会
  • ナースセンター
  • とどけるん
  • eナースセンター

広報誌「よかナースふくおか」

協会の活動を知っていただくために、広報誌を年4回発行しています。

  • ブログ
  • 訪問看護ステーション「くるめ・こが」
  • 看護小規模多機能型居宅介護すぴか★くるめ
  • 福岡地域医療支援サイト
  • にんしんSOSふくおか
  • 子育て相談
  • 思春期相談