ふれあい看護体験

「ふれあい看護体験」ってなに?

「ふれあい看護体験」は、県民の皆さんに「看護職」を知ってもらうため、病院や福祉施設において見学や患者さんの手足を洗うなどの簡単な看護体験、患者さんや看護師さんとの交流などを行うイベントです。「看護の日」「看護週間」の一環として全国的に開催されています。

県民の皆さまにとって医療・看護・介護などについて考えるきっかけになることはもちろん、施設関係者にとっても「看護」を見つめ直す良い機会になっています。

福岡県看護協会では7月に実施しています。

「看護の日」「看護週間」について詳しくはこちら

どんな人が参加できるの?

参加の条件は、
福岡県内に在住の「看護」に興味のある高校生

どんなことをするの?

病院、老人保健施設、訪問看護ステーション等にて、基本的看護技術の見学、血圧測定や車椅子の移動動作などの体験ができます。
体験プログラムは施設によって異なります。

病院 患者に対し診察・治療・看護を行う場所で、20人以上の入院ベッドを持つ医療機関
老人保健施設 介護を必要とする高齢者の自立を支援し、家庭への復帰を目指すためのケアを提供する施設
訪問看護ステーション 家庭において療養が必要な方に、住み慣れた家庭で安心して生活が送れるよう、かかりつけ医の指示を受けた訪問看護師などが定期的に訪問し、看護・リハビリサービスを提供する施設

体験プログラムの一例

申込方法

期間平成28年7月1日(金)~30日(土)
場所 福岡県内の実習協力病院
対象福岡県内の高校生
内容基本的看護技術の見学、血圧測定や車椅子の移動動作などの看護の体験
参加費無料
応募方法
  • (1)体験を希望する高校生は、在籍する高校の担当教諭にお申込みください。
    ※高校生から看護協会への直接申し込みは受け付けておりません。必ず高校を通してお申込ください。
  • (2)各学校は、下記の入力フォーマットをダウンロードし、体験希望者の参加可能日等必要事項を入力してください。
    入力データは各学校で準備いただいたデータ保存媒体(USB、CD-R、DVD-R等)に保存し、福岡県看護協会に送付してください。

※学校所在の地区ごとにシートが異なります。地区を越えての施設申し込みはできません。
※データ受領後、協会よりご連絡いたします。連絡がない場合は受領完了していない恐れがあります。その場合、体験に参加出来ないことがありますのでご注意ください。
※応募者多数の場合、体験に参加できないことがありますのでご了承ください。

体験者名簿提出期限平成28年4月25日(月)

※一日看護体験中の傷害については、主催者側で傷害保険に加入します。

  • キャリナース
  • ナースシップ 施設用WEB
  • よかナース クイズ&アンケート
  • 福岡県看護学会
  • 図書館のご利用について
  • 看護の日のつどい
  • 災害支援ナース
  • ワークライフバランス推進委員会
  • ナースセンター
  • とどけるん
  • eナースセンター

広報誌「よかナースふくおか」

協会の活動を知っていただくために、広報誌を年4回発行しています。

  • ブログ
  • 訪問看護ステーション「くるめ・こが」
  • 看護小規模多機能型居宅介護すぴか★くるめ
  • 福岡地域医療支援サイト
  • にんしんSOSふくおか
  • 子育て相談
  • 思春期相談