会長あいさつ

公益社団法人福岡県看護協会

会長大和 日美子

爽やかな初夏を迎えて

梅雨明けが待たれる毎日でございますが、会員の皆さまにおかれましてはご健勝のこととお慶び申し上げます。福岡県看護協会活動に関しましては、日頃よりひとかたならぬご厚誼を賜り誠に有難うございます。

6月19日「令和3年度福岡県看護協会通常総会」をナースプラザ福岡研修ホールにて無事終了することができました。COVID-19感染拡大防止のため、出席者の事前申込や合同職能集会をWeb配信にするなど規模を縮小したプログラムと致しましたが、会員の皆さまのご理解に対し心より感謝申し上げます。

福岡県看護協会長として、1期目(2年間)はCOVID-19への対応に奔走致しました。会員施設の現状把握に始まり、県への要望書提出、施設等の感染環境ラウンド、軽症者等宿泊療養施設へのアドバイザー派遣、ワクチン接種実技講習会などCOVID-19の一刻も早い終息を願い、看護職能団体ができる事を積極的に取り組んで参りました。福岡県や県医師会を始めとする関連団体と協力体制を組み、会員の皆さまのご助力をいただいて実施できた事業でございます。本当に有難うございました。

今回、COVID-19に関連した看護職の活動を通して国民の関心が非常に高まりました。保健所や地域において公衆衛生の要となる保健師、コロナ禍で妊産婦や子どもたちを守る助産師、そしてCOVID-19感染患者の治療に直接・間接的に関わる看護師等、看護職それぞれの献身的な活動が報道され、社会において医療専門職としての認知が更に進みました。一方、保健師や看護師の人材不足問題もクローズアップされ、潜在看護職の活用推進・復職支援や看護職間の連携等が強化される結果となりました。いま、世界的レベルで苦難の時ではありますが、看護職の頑張りが正当に評価されるよう、職能団体として更なる活動推進の必要性を感じています。

世界保健機関(WHO)は、昨年11月の世界保健総会において、2021年を「国際医療従事者年」に決定しました。これは、COVID-19パンデミックの最前線で闘う医療従事者への敬意と感謝の意を表して制定されたものです。医療従事者の活動や国際協力の実際及び世界の公衆衛生システムへの参加を呼び掛けるなどの活動が始まっています。医療従事者の職能としての活動が、心身共に安全な状況下で展開されることを希求したいと思います。

これから、ますます暑さが厳しくなって参ります。会員の皆さまのご健康を心よりお祈り申し上げます。

2021.7

写真に写っている胡蝶蘭は、当協会顧問税理士から看護職の皆様への感謝のメッセージとともにいただきました。ナースプラザ福岡の正面玄関が華やかに彩られていますので、来館される際はぜひご覧ください。

会長あいさつバックナンバー

2021年1月 あいさつ

新年のご挨拶を申し上げます。

新年明けましておめでとうございます。
会員の皆さまにおかれましては、健やかに新春をお迎えのことと心よりお慶び申し上げます。また日頃より看護協会活動に対し、温かいご理解とご協力を賜り厚くお礼申し上げます。

昨年は年明けよりCOVID-19感染症の猛威に晒されました。それぞれの所属施設においては、患者ケアに当たるほか感染管理体制の見直しと感染防止対策の徹底、医療従事者としての新しい生活様式の実践をこれまで以上に要求される事態となりました。皆さまの献身的なご努力に心より敬意を表し感謝申し上げます。

福岡県看護協会はCOVID-19感染症に対し、様々な取り組みをいたしました。その中の2点をご紹介いたします。まずは不足する看護職員の確保対策です。ナースセンターを活用し登録した潜在看護職員を対象に復職マッチングとスキルギャップ研修を開催し、延べ80名程度の方に復職していただきました。復職した方々は、軽症者等宿泊療養施設や電話相談及び医療機関等で即戦力として活躍していただいております。また県内の感染症看護専門看護師及び感染管理認定看護師の方々のご協力を得て「介護施設等感染環境ラウンド・アドバイザー派遣事業」を福岡県の介護保険課と協力し9月~11月の期間で実施いたしました。高齢者が多く入所するこのような施設に於いてCOVID-19感染症が発生した場合、非常に重症化することが予測されます。感染予防の観点から環境を見直すという点で非常に好評でした。ご協力いただいた皆さま、本当に有難うございました。

COVID-19感染症は、教育の現場においても大きな影響を与えています。ご存じのように看護大学や看護専門学校では臨地実習が実施できず学内演習やシミュレーション授業に置き換えて単位取得を認める事となりました。卒業を迎える看護学生は非常に不安を抱えながらの就職となります。これまで以上に新卒看護職の心に寄り添い、患者対応へのシャドウイングなど具体的な指導とご支援をお願いしたいと思います。

令和3年は、辛丑(かのとうし)。しっかりと地に足を下ろし、耐え、新芽を出すという発展の前振れとされています。看護職の皆さまにとりまして明るい一年となりますことを祈念いたします。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2021.1

2020年6月 あいさつ

コロナ禍の今こそ、看護職と県民の皆さまの力を一つに

福岡県看護協会長の大和日美子でございます。昨年6月に就任し、皆さまのご支援をいただきまして一年を迎えることができました。本当に有難うございました。

福岡県の看護職の皆さまにおかれましては、新型コロナウイルス感染症に対峙し日々ご苦労が多い中、人々のために奮闘していただいていることに心より感謝申し上げます。まだ、このトンネルから抜け出せない状況ではありますが、医療従事者と県民が同じ方向に向かって闘っていることは間違いありません。いつの日かこの努力が報われ、安心して生活できる日が来ることを信じております。

福岡県看護協会は、新型コロナウイルス感染症対策として相談窓口の設置や研修開催方法の変更など、事業を継続するための検討を行い看護職の皆さまへの支援を続けております。特に、今年卒業された新人看護職員の教育については、各施設において計画変更を余儀なくされ、不十分なまま現在に至るところも多いかと思います。当協会では講師の方々のご協力をいただいてオンデマンド配信研修を企画しましたので、是非ご活用ください。また、様々な個人・団体より「頑張っている看護職へエールを」と、寄附金や物品の寄贈の申し出が届いておりますので、順次皆さまのお手許に暖かい気持ちを添えて配布させていただきます。

フローレンス・ナイチンゲール生誕200年にあたる今年、改めて看護職の力を確認することになりました。人類は紀元前から感染症と戦ってきた歴史があります。天然痘やペスト、西暦1900年代にはスペインかぜ、2000年代には新型インフルエンザの大流行など、その都度看護職は大きな役割を果たしてきました。今こそ日本の看護職は医療専門職として、個人の力と組織の力を遺憾なく発揮するときです。新型コロナウイルス感染症は、2025年問題へも大きな影響を与えることは間違いありません。福岡県看護協会は、これまでも中心課題であった地域包括ケアシステムをさらに推進するとともに、皆さまと一緒にこの難関に挑んで参ります。

令和2年6月

2019年6月 あいさつ

この度、公益社団法人福岡県看護協会会長に就任致しました大和日美子でございます。
平成の時代から、「令和」という新しい時代となる節目の年に、このような大役を拝命し重責を感じておりますが、これまでお世話になった方々への恩返し、そして看護職として地域の方々の生活に少しでも何かお役に立つことが出来るよう努力を惜しまない覚悟でおります。皆様方には、引き続きのご支援とご指導を宜しくお願い申し上げます。

「令和」― という元号の由来についてご存じの方も多いと思いますが「万葉集」の梅花の歌より引用されております。梅の開花とともに春の訪れを喜んだ歌です。その見事に咲き誇る梅の花のように、一人ひとりが明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。そうした日本でありたいという願いを込めて「令和」が選ばれました。この新しい時代の願い(希望)を叶えるために、看護職だからこそ出来ることがたくさんあると思います。

現在の日本は、少子超高齢多死社会を迎えていますが、これまで日本の発展を支え続けてこられた高齢者の方々が最後の一時まで幸せを感じて頂ける社会、そしてこれからの日本を支えていく子どもたちが深い愛情の中で幸せに暮らすことが出来る社会―地域共生社会を実現させなければなりません。平成30年から各市町村において、地域包括ケアシステムが本格的に始まりました。看護職への期待が高まる中、私達は自分が果たすべき役割を認識することから始める必要があります。看護職一人の力は小さいけれど、これが二人、三人と集まることによって大きな波となって社会が動いていくはずです。看護職の皆さん、今こそ看護の力を発揮する時です。一人でも多くの看護職の仲間を増やし、すべての方々の幸(希望)のために力を合わせましょう。

令和元年6月