2021/08/16医療安全推進委員会活動

リスクマネージャー研修を行いました。

福岡県看護協会では、医療・看護の安全意識の向上を図るとともに医療事故防止対策を推進することを目的に
6月24日(木)にリスクマネージャー研修を開催し
64名に参加いただきました。
テーマ 医療事故の未然防止、事故発生時の対応について
講師 鮎澤 純子(あゆざわ じゅんこ)先生
(九州大学大学院医学研究室 医療経営・管理学講座准教授)
講義内容
  • 「リスクマネジメント」と「クライシスマネジメント」
  • 柔軟な文化:HRO、レジリエンス、SafetyⅡ
  • 患者参加の医療安全
  • 医療事故発生時の対応
 
医療事故の未然防止や事故後の対応、医療安全のための考え方(概念)や取り組みについて国内外の最新状況を学ぶことができました。
特にSafetyⅠとSafetyⅡについて、新型コロナ感染症対策の事例をもとに、わかりやすく説明していただきました。

アンケート結果:


受講者の意見・感想(一部抜粋)
  • 院内調査の方法、ヒアリング、当事者へのサポートなど、リスクマネージャーの力により、大きく左右されることを改めて認識し、身が引き締まる思いです。
  • 非常に貴重な講義をありがとうございました。安全委員のメンバーとして医療安全に取り組んでいますが、知らない用語などが多くあることがよく分かりました。ヒヤリハット事例との向き合い方、スタッフへの配慮など考えていきたいと思います。
一覧へ戻る