2020/12/09

お知らせ

新型コロナウイルス感染症にかかる本会の対応について

看護職の皆様へ

 師走の慌ただしい季節となりましたが、11月より、一部の都市では第3波と思われるCOVID-19陽性者の急激な増加と大規模クラスターが発生しています。特に北海道や大阪府では、感染者への治療を行う医療機関において看護師不足が顕著となり、全国知事会を通して看護師派遣要請が発出されました。福岡県からも3名の看護師が派遣される予定です。
 福岡県でも12月に入り徐々に陽性者数の増加が見られ、介護施設や医療機関においてクラスターが散発しています。感染経路不明の陽性者数の増加やクラスターの発生は、福岡県においても医療提供体制の逼迫が起こる可能性について予断を許さない状況にあることを示しています。看護職の皆さまにおかれましては、今年1月から続くCOVID-19感染症への対応に懸命に取り組んでいただいていることに対し、改めて感謝申し上げますとともに、引き続き医療・介護現場において患者・利用者の方々の命と生活を支えていただきますよう重ねてお願い致します。
 福岡県看護協会では、これから冬本番に向けて更にCOVID-19陽性者数が増加していく状況を鑑み、引き続き「地域の医療提供体制確保のための看護職員派遣調整事業」の一環である潜在看護職員の確保と教育支援(スキルギャップ研修)を展開して参ります。是非、看護職の皆さまの周りで現在就業されていない看護職がいらっしゃいましたら、お声をかけていただきたいと思います。
 会員の皆さまはじめ、福岡県で看護職として勤務する皆さま、どうか皆さまが感染することがないよう、感染防止対策の徹底、体力の保持に努めていただきたいと心からのお願いでございます。
令和2年12月8日
福岡県看護協会長 大和 日美子

メニュー

潜在看護職員の復職について

新型コロナウイルス感染症対策に関連した看護職員の募集について

日本看護協会より委託を受け、新型コロナウイルス感染症対策に関連した看護職員を募集しています。潜在看護職員の方で、軽症者の宿泊療養施設、保健所、PCR検査センター等での復職を希望される方は、福岡県ナースセンターにご連絡ください。

看護職員の採用を検討されている医療機関の方へ

福岡県より委託を受け運営している「福岡県ナースセンター」では、今般の新型コロナウイルス感染症への対応等に伴い、地域に必要な医療提供体制を維持するための支援として、eナースセンターに求職登録をしている看護職員が代替職員として就業可能であるか確認をし、復職支援を行っています。
専門の就労相談支援員が、電話・メール・来所により、無料でご相談をお受けしています。新型コロナウイルス感染症への対応等に伴い、看護職員の採用を検討されている医療機関等がございましたら、まずは福岡県ナースセンターにご連絡ください!
  

看護職へのお知らせ

新型コロナウイルス感染症対策に従事されている方へ

日本赤十字社による「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対応する職員のためのサポートガイド」(2020/3/25) はこちら
 

新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口について

【福岡県看護協会】
当協会では、看護職の皆様を対象とした新型コロナウイルス感染症に関する相談・お問い合わせを受け付けています。看護職であれば会員・非会員を問わず、無料でご利用いただけます。
なお、返信は平日(土日祝を除く)9:000~17:00とさせていただきます。回答にお時間を頂戴する場合がありますが、予めご了承ください。
ご利用の際は、下記リンクのご利用上の注意に同意いただいたものとみなします。よくお読みください。(R2.4.20更新)
相談・問い合わせ専用FAX用紙(WORD) FAX№092-631-1126
メールによる問い合わせはこちら
■ご利用上のご注意 相談内容を送信された時点で、以下の点に同意されたものとみなします。
  • 本会は、個人情報保護方針に従って、適切に個人情報をお取扱いさせていただきます。
  • サイト内にQ&Aとして相談内容を掲載し、公開する場合があります。
  • ご相談によって利用者が行う行為の全て及び被った被害や損害等について、本会はなんら責任を負うことはありません。
  • 利用者に対し、提供された回答内容が相談内容に適合するかどうかのご判断は、利用者ご自身の責任において行ってください。
  • 本会ではご回答が難しいとき等、場合によりご相談をお受けできない場合がございます。
  • メールを送信してから10日間経っても返信がない場合、送信されていない等の可能性がありますので、再度送信ください。
  • 当相談は、予告なしに内容を変更または終了することがあります。
【日本看護協会】
■看護職を対象とした新型コロナウイルス感染症に関する総合相談窓口はこちらこちら
 お問い合わせできる内容:感染管理、働き方、メンタルヘルス、ご意見・ご要望
■相談内容を取りまとめたQ&Aはこちら(R2.7.20更新)

【福岡県】
■福岡県による『医療従事者の皆さまのための”こころの相談”』窓口はこちら
 対象者:医療従事者とそのご家族の皆様
 

介護施設等感染対策自己チェック票について(配布)

感染管理委員会では、介護施設等の感染対策を自己チェックできる「介護施設等感染対策自己チェック票」を作成しました。皆さんの施設の感染対策の客観的評価や問題点の抽出、対策の見直しにお役立てください。
なお、日本看護協会ホームページには、新型コロナウイルス感染症の資料として、中小規模病院用及び高齢者福祉施設用に「感染予防・管理のための活用ツール」が掲載されておりますので、併せてご活用ください。
■福岡県看護協会「介護施設等感染対策自己チェック票ダウンロード
■日本看護協会「感染予防・管理のための活用ツール
 

物資支援・寄附、応援メッセージ等について

保健・医療・福祉等の現場で、今、看護職としての力を発揮し頑張っている皆さまへのご支援・応援をいただいております。
心より感謝申し上げますと共に、順次物資を必要としている施設へ配布を進めてまいります。
なお、物資受入れ状況に応じて随時発送いたしております。【直近の発送:8月20日】
 

教育研修について

研修受講者の皆様へのお知らせ

■研修時のナースプラザ館内における新型コロナウイルス感染症対策について
令和3年度の各研修会場座席表:3密を避けるため、1室あたりの定員数を制限しています。
  • 研修ホール【定員500名→ 250名】   
  • 201研修室【定員120名→ 60名】  
  • 302研修室【定員100名→ 60名】  
  • 203研修室【定員80名  → 42名】 
  • 全会場の図面はこちら 
ナースプラザ福岡利用(感染予防)についてのお願い(PDF) (R3.4.1~)
■研修受講決定通知と一緒にお送りしていますが、紛失等の際は健康チェック票PDFを印刷して、研修当日ご持参ください。
 健康チェック票(PDF) (R3.4.1版)
 

看護協会の取組み

新型コロナウイルス感染症に関する福岡県への要望書提出について

■4月21日 福岡県看護協会として、福岡県知事に要望書を提出しました。
■4月22日 福岡県医療団体協議会(福岡県看護協会・福岡県診療放射線技師会・福岡県臨床衛生検査技師会・福岡県栄養士)として、福岡県保健医療介護部長に要望書を提出しました。
→ 要望事項のひとつ医療専門職者への風評被害対策が開始されました。(5月18日開始)
 

新型コロナウイルス感染症対策本部設置

令和2年1月30日付で、福岡県は「新型コロナウイルス感染症対策本部」を立ち上げ、第1回対策本部会議が開催されました。
それに伴い、福岡県看護協会では、新型コロナウイルス感染症にかかる危機管理対策本部を同月31日14:15に設置。必要に応じて会議を開催しています。
 

新型コロナウイルス感染症に関する日本看護協会の取り組み・情報発信

  • 新型コロナウイルス感染症に関する日本看護協会の要望書はこちら
  • 訪問看護ステーション等で勤務される看護職向けの情報ページこちら
  • 看護管理者向けの情報ページこちら
  • 日本看護協会掲載「感染予防」の情報はこちら
  • 「♯NurisngNow_いま私にできること」キャンペーン→ 詳細はこちら
 

行政の関連サイト

一覧へ戻る