2021/06/23

【ワクチン接種業務】就業準備金の支給について

  国は、新型コロナウイルス感染症にかかるワクチン接種業務に従事していただく看護職に対し、就業支援のための就業準備金として、一人1回限りで3万円を給付することを決めました。(6月4日 日本看護協会ホームページにて掲載)
福岡県の看護職の皆様には、以下の概要をご確認ください。

 【本事業利用の要件
  ①ワクチン接種業務就業希望者としてeナースセンターに登録していること。
  ②ワクチン接種研修を受講していること。(一部、全部が免除となる場合がある)
  ③ナースセンターで職業紹介を受け、5月21日~7月末に新たに従事した看護職
   
但し、以下の雇用の場合も対象となる。
    ・ナースセンター以外の職業紹介、直接申込により雇用された場合
    ・自治体の都合により謝金対応にて従事する場合
    ・現に看護職として就業している場合でも、兼業・副業で新たにワクチン接種業務に従事した場合
     (兼業・副業についての可否を勤務先にご確認ください。)


 【本事業利用手続き
  eナースセンターに登録をする。  *既に登録している方は不要
    
登録時、プロフィール自己PR欄に「コロナ関連求人希望」と記載してください。

  ②ワクチン接種業務への求職活動を行う。  *既に求人情報を希望している方は不要
    ※ナースセンターからコロナ関連求人情報をメールにて連絡します。

  ③ワクチン接種研修を受講する。 *これまでの研修も対象
    ※他の研修については下記をご参照ください。

    ※研修の一部または全部が免除となる場合があります。 (Q&A参照)
  ワクチン接種業務に従事する。
    ※5月21日~7月31日までに新たに従事した場合、就業準備金の支給対象となります。
  ⑤申請方法については、日本看護協会で具体的な送付先等詳細が決まり次第、福岡県ナースセンターホームページで
    ご案内します。
       ※申請期限10月31日(11月1日消印有効) 準備金の振り込みは約1~2か月後です。


 ○研修について
  ・福岡県看護協会主催の研修は受付を終了しました。(受講者は対象となります)
  ・福岡県主催の研修をご案内します。
    福岡県ホームページ「福岡県新型コロナウイルスワクチン接種業務従事者研修会」をご確認の上、
直接福岡県に
    お申し込みください。
   

  ・就業先で同様の研修が開催される場合はその受講により免除されます。
    実技研修のみ開催される場合は、事前にWEB研修を受講してください。


   <WEB知識研修例
   ・新型コロナワクチン接種のための実技講習会(福岡県看護協会主催)
    使用教材の動画
    1 新型コロナウイルスの基本的知識
    2 ワクチンを安全に接種するための注意とポイント
    3 ワクチンの希釈手順

 ○本件について、ご不明な点は「新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種人材確保業務 Q&A」をご覧ください。

 ○申請書は、福岡県ナースセンターから7月下旬以降に発行する見込みです。
  本件についての専用窓口(問い合わせ先)などの詳細は、福岡県ナースセンターホームページに掲載しますのでご確認ください。
一覧へ戻る