災害支援

福岡県看護協会は、地域住民の安全確保及び生命と健康を守るために、災害時の医療救護体制が維持できるよう支援しています。

福岡県看護協会災害対策本部

現在は設置されておりません。

災害に備えた支援体制の整備
平常時
  • 災害支援ナースの育成
  • 日本看護協会災害支援ナース派遣調整合同訓練(年1回)
  • 自治体等防災訓練への参加
災害時
  • 災害支援対策本部の設置
  • 情報収集
  • 関係機関との連携(福岡県、日本看護協会等)
  • 災害支援ナース派遣等
災害看護支援要綱・災害看護支援マニュアル

「災害看護」とは

災害時において、看護職が科学的根拠に基づいた知識や技術を駆使し、他の専門分野と協力して生命や健康への被害を少なくするための活動を展開することです。

「災害支援ナース」とは

福岡県看護協会では、日本看護協会や行政と連携し、災害発生時には規模に応じて災害支援ナースを派遣します

災害支援ナースの役割と活動
災害支援ナースの役割
  • 災害支援ナースは、被災者が健康レベルを維持できるように適切な医療・看護を提供する。
  • 被災した看護職の心身の負担を軽減し支えるように努める。
主な活動場所

医療機関・社会福祉施設・避難所(福祉避難所を含む)等

主な活動内容

被災された方々が、健康レベルを維持できるよう、被災地の環境に応じ適切な看護を提供します。感染症予防のための環境調整をはじめ、避難生活による生活不活発病を予防するために生活環境を整えます。また、被災した看護職の心身の負担を軽減できるよう努めるとともに、他職種職員と連携し、保健・医療・福祉の視点で被災地の支援を行います。

災害支援ナース派遣の仕組み

大規模自然災害発生時には、災害の規模などに応じて「レベル1・2・3」に区分し、災害レベルごとに定められた方法で、日本看護協会 または災害が発生した都道府県看護協会が災害支援ナースの派遣調整を行います。

災害時支援の対応区分
災害対応区分 災害支援ナースを派遣する看護協会 派遣調整

レベル1(単独支援対応)

被災県看護協会のみで看護支援活動が可能な場合
被災県看護協会が災害支援ナースを派遣する 被災県看護協会

レベル2(近隣支援対応)

被災県看護協会のみでは困難または不十分であり、近隣県看護協会からの支援が必要な場合
被災県看護協会および近隣県看護協会が災害支援ナースを派遣する 日本看護協会

レベル3(広域支援対応)

被災県看護協会および近隣県看護協会のみでは困難または不十分であり、活動の長期化が見込まれる場合
全国の都道府県看護協会が災害支援ナースを派遣する

災害支援ナースの登録・更新

登録要件
  • 福岡県看護協会会員であり、日本看護協会看護職賠償責任保険に加入していること。
  • 保健師・助産師・看護師・准看護師として5年以上の経験を持ち、『災害支援ナース育成研修(基礎編・実務編)』を受講した者。
  • 所属施設の看護管理者等の同意があること。
  • 登録後、協会が実施する『災害支援ナースフォローアップ研修』を2~3年に1回受講し、スキルの維持向上を図ることが望ましい。
登録方法
新規登録までの流れ

※災害支援ナースに初めて登録される方

1

災害支援ナース育成研修(基礎編)を受講

2

災害支援ナース育成研修(実務編)を受講

3

新規登録 (12月28日まで)

  • 登録票(様式A)に必要事項を記載
  • 所属長・看護部門代表者の承認を得る
  • 写真添付(2枚)
  • 日本看護協会看護職賠償責任保険加入者控えを添付

要件

  • ・福岡県看護協会会員であること
  • ・日本看護協会看護職賠償責任保険に加入していること
  • ・保健師・助産師・看護師・准看護師として5年以上の経験があること
4

協会承認後、各施設代表者宛てに「施設登録票(様式B)」・「登録証」「マニュアル」等を送付いたします。

登録更新までの流れ

※災害支援ナースに毎年継続して登録している方

1

登録更新 (毎年、更新が必要‼ 6月30日まで)

  • 登録票(様式A)に必要事項を記載
  • 所属長・看護部門代表者の承認を得る
  • 写真添付(1枚)
  • 日本看護協会看護職賠償責任保険加入者控えを添付

要件

  • ・福岡県看護協会会員であること
  • ・日本看護協会看護職賠償責任保険に加入していること
  • ・保健師・助産師・看護師・准看護師として5年以上の経験があること
  • ・協会が実施する「災害支援ナースフォローアップ研修」を2~3年に1回受講し、スキルの維持向上を図ることが望ましい
2

協会承認後、各施設代表者宛てに「施設登録票(様式B)」を送付いたします。

再登録までの流れ

※以前、災害支援ナースに登録していたが、登録年度末日(3月31日)から1年以上更新していない方

1

「災害支援ナースフォローアップ研修」受講(必須要件)

  • 登録票(様式A)に必要事項を記載
  • 所属長・看護部門代表者の承認を得る
  • 写真添付(2枚)
  • 日本看護協会看護職賠償責任保険加入者控えを添付

要件

  • ・福岡県看護協会会員であること
  • ・日本看護協会看護職賠償責任保険に加入していること
  • ・保健師・助産師・看護師・准看護師として5年以上の経験があること
  • ・協会が実施する「災害支援ナースフォローアップ研修」を2~3年に1回受講し、スキルの維持向上を図ることが望ましい
2

協会承認後、各施設代表者宛てに「施設登録票(様式B)」を送付いたします。

登録期間

登録日から登録年度の末日(3月31日まで)

災害支援ナースの活動実績

災害の概要 派遣期間 派遣実績
新潟県中越沖地震 2007年7月16日
地震;最大震度6(M6.8)
平成19年8月8日
~8月10日
2名
(延べ6名)
東日本大震災 2011年3月11日
地震;最大震度7(M9)
この地震では、場所により波高10m以上にも上る巨大津波が発生し、太平洋沿岸部に壊滅的な被害が発生した。
平成23年3月24日
~4月19日
16名
(延べ98名)
平成28年熊本地震 2016年4月14日
地震:最大震度7(M6.5)
2016年4月16日
地震:最大震度7(M7.3)
大きな前震の二日後にさらに大きな本震が発生。震災発生後、最大で避難者が183,882人にも上った。
平成28年4月20日
~4月29日
36名
(延べ144名)
平成29年7月
九州北部豪雨
2017年7月5日~6日
豪雨:多い所で総降水量が500ミリを超え、観測史上1位を更新。九州北部地方に甚大な被害がもたらされた。
平成29年7月15日
~7月31日
75名
(延べ225名)
平成30年7月豪雨 2018年6月28日~7月8日
豪雨:梅雨前線・台風の影響により西日本を中心に広い範囲で記録的な豪雨となった。これらによって河川の氾濫、浸水害、土砂災害等が発生し、大きな被害をもたらした。
平成30年8月2日
~8月17日
18名
(延べ72名)
活動の様子はこちら

お問い合わせ・
ご連絡先

福岡県看護協会 事業部事業課 災害看護担当
〒812-0054 
福岡市東区馬出4-10-1 ナースプラザ福岡

092-631-1221
(平日9:00~17:00)

092-631-1223