2019/11/01訪問看護ステーション

地域の皆さまと楽しく交流!『すぴか☆くるめ祭り』

 

秋晴れに恵まれた10月19日(土)、看護小規模多機能型居宅介護“すぴか☆くるめ”において、『すぴか☆くるめ祭り』を開催いたしました!
当日はスタッフ25名と古賀国際看護学院より学生ボランティア3名で、満を期してお出迎え!
どのくらいの方が来て下さるかなと期待半分不安半分でしたが、おかげさまでたくさんの笑顔があふれるイベントになりました。

 

 

 

今年のテーマは、『口腔ケア』。
皆さまはいつもどんなケアをされていますか?
今回は、久留米市御井町の開業歯科医である長澤一利先生(長沢歯科医院)をお招きして、「口腔ケア」についてお話を伺いました。
口腔ケアの必要性や方法、口腔体操について学ぶことができ、その大切さを改めて実感しました。
参加者の皆さまも、先生のお話に“なるほどなぁ”とうなずいたり、一緒に口腔体操にチャレンジしたりと、口腔ケアへの関心を深めていました。

 

今回のイベントの目玉コーナーは、杉岡調剤薬局の家入管理栄養士による「火を使わないおやつ作り教室」!
お豆腐とヨーグルトというとても健康的な食材で作られた、口の中でとろけるムースに、皆で舌鼓を打ちました。先着20名だったことが惜しまれます!
健康・介護・歯科に関する無料相談ブースは、多くの地域の方々がご利用くださいましたが、中でも血管年齢測定は行列ができるほどの盛況ぶり!
対話を通して、地域の皆さまのお役に立てたかなと思っています。
また所内には、普段すぴか☆くるめを利用くださっている方々の作品を展示しました。
デザインや使い勝手の良い作品ばかりで、一般の来客者は「これ手作りなの?すごいですね」との声をいただきました。
  • 火を使わないおやつ作り教室
  • 地域の方と。

  • ご利用者様の作品展

企画・運営はたいへんでしたが、あちこちであがる明るい笑い声に、スタッフ一同とても力をいただきました。
すぴか☆くるめでは、地域共生社会の実現のためにも、今後も地域の方と一緒に楽しめるさまざまなイベントを行う予定です。

利用者さま、ご家族さま、地域にお住まいの方、皆さまをつなぐ素敵な交流の場として、“すぴか☆くるめ”はこれからもがんばってまいります!

(看護小規模多機能型居宅介護 すぴか☆くるめ)
一覧へ戻る